FORANロゴ

FORANの薬物検査基準について

競走馬理化学研究所

競走馬理化学研究所は、競馬主催者から送られた検体に禁止薬物が存在しないかを検査している機関です。
競走馬が飼料等を原因として禁止薬物の影響を受けることを防止する事を目的として、飼料等薬物検査を実施しています。
また、軽種馬の正しい血統の保持に必要な、生まれた仔馬の血統を確認するためのDNA多型を用いた親子判定や個別識別検査も行っています。


飼料等薬物検査済のFORAN製品

検査済 エアベント
検査済 Bコンプリート
検査済 コパービット
検査済 プレフエル
検査済 プロAM
検査済 リフエル

※2020年から基本的に馬が口から摂取する目的でないもの(蹄油やシャンプー等)や、例外を除く禁止薬物に分類されない単一飼料の検査が不要になりました。

S・A・F・Eマークについて

半世紀近くの馬用サプリメントとケア製品の製造、販売実績を持つフォーラン社は世界中の馬に向けて、ドーピング防止規制への対応が顧客にとって必要不可欠であることを理解しています。 そのためフォーラン社では、FEI(国際馬術連盟)の中央研究所であるフランスLCH(Le Laboratoire des Courses Hippiques)等外部施設での検査だけでなく、自社施設で液体クロマトグラフィータンデム質量分析装置(LC-MS/MS)を利用した質量分析を行います。 それにより、禁止薬物や未確認物質が混合されていないか厳正にテストし競走馬や競技馬に使用しても安全である確認を行い、問題なければS.A.F.E.(Strict Anti-doping Formulation Ensured)マークを製品に表記します。